市販のカフェインレスコーヒーは普通のコーヒー商品と比べるとやや高めです。

考えられる理由のひとつとして、カフェインレスコーヒーを作るときの「手間」が考えられます。
生豆をある溶液に漬け込んだりしたり、二酸化炭素の中に入れて高温・高圧の状態にしたりします。
(カフェインレスコーヒーの製法はまた別の記事で説明をしようと思っています。)

これらの作業を普通のコーヒーの生豆を買ってきて、自分でやるとなったら大変です。
多少カフェインレスコーヒーが高いとしても、このひと手間が入っていると思えば安く感じるかもしれませんね。